映画『陰日向に咲く』あらすじ、作品情報

あらすじ

道草

サラリーマンが、ある日、大ボラ吹きで有名なホームレスの男性「モーゼ」に出会う。

自由人に憧れ、自ら好き好んでホームレスになる。

若くして億を稼ぐという野球選手、K・Yが父親を捜してホームレスが集う公園に

モーゼは自分が父親だと言い、ホームレスを引退。

主人公はホームレス生活の終焉にモーゼの住んでいた小屋を覗くと、そこにはブタ箱から帰ってきたという本当の野球選手の父親がいた。

拝啓、僕のアイドル様

デビュー5年目のマイナーなアイドル・武田みやこファン、ゆうすけ。

ミャーコはゴールデン番組に出演する

健康を題材にした番組でドロドロ血液のドロ子というキャラクターでの出演

番組のホームページの掲示板にドロ子を称賛したり、応援したりするメッセージを数百件書き込む。

ドロ子が人気になり、再度の出演が決まった。

ピンボケな私

20歳の女性は、飲み会で友達が夢を語る中、とっさの嘘で「カメラマンになりたい」

親友であるミキは一瞬驚く

完璧な男・タクミと恋に落ちる。

遊ばれていると気付いてしまう。

Over run

35歳独身でパチスロや競馬といったギャンブル好きな多重債務者の男性・シンヤ。

「オレオレ詐欺」に手を出してしまう。

息子「健一」に成り済まし、ありもしない話をして交流

老婆に50万円を用意するように頼む。

後日、老婆の家に取りに行く

鳴き砂を歩く犬

鳴子は、中学の修学旅行で浅草に行き、芸人・プードル雷太に出会う。

鳴子は3年後、鳥取県から上京し 雷太を捜す。

劇場を何件も回り、ある日入ったストリップ劇場で雷太を見つける。

彼を売れっ子芸人にする為にコンビを組む。

 

登場人物

シンヤ – 岡田准一

鳴子・寿子(二役) – 宮崎あおい

雷太 – 伊藤淳史

ジュピター – 緒川たまき

ゆうすけ – 塚本高史(幼少:桑代貴明)

みゃーこ – 平山あや(幼少:加藤美月)

劇場のオーナー – 本田博太郎

シンヤの上司(富田所長) – 北見敏之

プロ野球選手の父 – 山本龍二

アパートの大家 – 根岸季衣

シンヤの母 – 生田智子

ホームレス仲間- 堀部圭亮

借金取り – 池内万作

– 戸田昌宏

– 近藤公園

バスガイド・根室 – 平岩紙

– 諏訪雅

プロ野球選手川島 – 浜田学

– 増本庄一郎

– 岩田丸

– 木幡竜

モーゼ – 西田敏行

リョウタロウ – 三浦友和

作品情報

タイトル

陰日向に咲く

製作年度

2008年

上映時間

129分

製作国

日本

ジャンル

ドラマ

監督

平川雄一朗

原作

劇団ひとり

脚本

金子ありさ

音楽

澤野弘之


映画『マンダレイ』あらすじ、作品情報

あらすじ

1933年のアラバマ州、南北戦争と奴隷解放宣言からおよそ70年。

グレースたちギャング団は大農場マンダレイの前で黒人の女に呼び止められる。

そこは奴隷制度同様の搾取が横行し、使用人の人ティモシーがむち打たれようとしていた。

グレースが銃の力で割り込むと農場の女主人は息絶えてしまう。

命令するものを失って途方にくれる黒人の使用人たちをみてグレースは、マンダレイを民主的で自由な共同体につくりかえる決心をする

Manderlay Trailer Deutsch German – Lars Von Trier

登場人物

ブライス・ダラス・ハワード:グレース

イザック・ド・バンコレ:ティモシー

ダニー・グローヴァー:ウィレルム

ウィレム・デフォー:グレースの父親

ジェレミー・デイヴィス:ニールス

クロエ・セヴィニー:フィロメナ

ローレン・バコール:女主人

ウド・キア:ミスター・カースプ

モナ・ハモンド:オールド・ウィルマ

ジャン=マルク・バール:ミスター・ロビンソン

ジェリコ・イヴァネク:Dr.ヘクター

テディ・ケンプナー:ジョセフ

ルエラ・ギデオン:ヴィクトリア

ジニー・ホルダー:エリザベス

クライヴ・ロウ:サミー

エマニュエル・アイドウ:ジム

ジャヴォン・プリンス:ジャック

スゼット・ルウェリン:フローラ

ジョセフ・マイデル:マーク

ジョン・ハート:ナレーター

作品情報

タイトル:マンダレイ

原題:MANDERLAY

製作年度:2005年

上映時間:139分

製作国:デンマーク,スウェーデン,オランダ,フランス,ドイツ,アメリカ

ジャンル:ドラマ

監督:ラース・フォン・トリアー

製作総指揮:レネ・ボーグルム、ピーター・オールベック・イェンセン

脚本:ラース・フォン・トリアー

音楽:ヨアキム・ホルベック


映画『ヘルタースケルター』あらすじ、作品情報

あらすじ

人気ファッションモデル・りりこは、実は全身を作り変えるほど危険な美容整形手術を施している

りりこは、美容整形の激甚な副作用と仕事のストレスで、心身共に蝕まれていく。

結婚を狙っていた御曹司の裏切り、自身を整形した美容クリニックの隠された犯罪を追う者、生まれながらに美しいがゆえ美に執着しない「期待の新人」である後輩・こずえが登場し、りりこは窮地に追い込まれて

記者会見直前、えぐり抜いた自らの左目を楽屋に残し失踪する。

数年後、海外のロケに出ていたこずえはスタッフに連れられてフリーク・ショーを見学する。

そこで出会ったのは、自らを見世物として出演している傷だらけのりりこの姿だった。

登場人物

りりこ / 比留駒はるこ(ひるこま はるこ)

麻田(あさだ)

羽田みちこ(はだ みちこ)

多田(ただ)

吉川こずえ(よしかわ こずえ)

沢鍋錦二(さわなべ きんじ)

南部貴男(なんぶ たかお)

奥村信輝(おくむら のぶてる)

田辺恵美利(たなべ えみり)

保須田(ほすだ)

比留駒ちかこ(ひるこま ちかこ)

せんせい

作品情報

タイトル:ヘルタースケルター

製作年度:2012年

上映時間:127分

製作国:日本

ジャンル:ドラマ、サスペンス

監督:蜷川実花

原作:岡崎京子

脚本:金子ありさ

音楽:上野耕路


映画『マンダレイ』あらすじ、作品情報

あらすじ

1933年のアラバマ州、南北戦争と奴隷解放宣言からおよそ70年。

グレースたちギャング団は大農場マンダレイの前で黒人の女に呼び止められる。

そこは奴隷制度同様の搾取が横行し、使用人の人ティモシーがむち打たれようとしていた。

グレースが銃の力で割り込むと農場の女主人は息絶えてしまう。

命令するものを失って途方にくれる黒人の使用人たちをみてグレースは、マンダレイを民主的で自由な共同体につくりかえる決心をする

登場人物

ブライス・ダラス・ハワード:グレース

イザック・ド・バンコレ:ティモシー

ダニー・グローヴァー:ウィレルム

ウィレム・デフォー:グレースの父親

ジェレミー・デイヴィス:ニールス

クロエ・セヴィニー:フィロメナ

ローレン・バコール:女主人

ウド・キア:ミスター・カースプ

モナ・ハモンド:オールド・ウィルマ

ジャン=マルク・バール:ミスター・ロビンソン

ジェリコ・イヴァネク:Dr.ヘクター

テディ・ケンプナー:ジョセフ

ルエラ・ギデオン:ヴィクトリア

ジニー・ホルダー:エリザベス

クライヴ・ロウ:サミー

エマニュエル・アイドウ:ジム

ジャヴォン・プリンス:ジャック

スゼット・ルウェリン:フローラ

ジョセフ・マイデル:マーク

ジョン・ハート:ナレーター

作品情報

タイトル:マンダレイ

原題:MANDERLAY

製作年度:2005年

上映時間:139分

製作国:デンマーク,スウェーデン,オランダ,フランス,ドイツ,アメリカ

ジャンル:ドラマ

監督:ラース・フォン・トリアー

製作総指揮:レネ・ボーグルム

ピーター・オールベック・イェンセン

脚本:ラース・フォン・トリアー

音楽:ヨアキム・ホルベック


映画『神さまの言うとおり』あらすじ・ネタバレ

あらすじ

何事もない日々に飽き飽きしていた高校生・高畑瞬(福士蒼汰)の通う学校に突如ダルマが出現し、命を懸けたゲームの始まりを告げる。
同級生のサタケ(染谷将太)とは仲がよかったが、退屈な日常を壊してくれるなにかを期待しているような高校生だった。
ある日授業中に居眠りをしていると事態は急展開、授業中の瞬たちの目の前で教師が頭が吹き飛び死亡してしまう。
あまりの突然のことに教室はパニックになり生徒たちは逃げようとするも教室の扉は開かない。すると教壇の上に1体の「だるま」がいた。
少しでも動いたら首が吹き飛ぶ第1のゲーム「ダルマさんが転んだ」をクリアした彼は、幼なじみの同級生・秋元いちか(山崎紘菜)と一緒に第2のゲームへと向かう。
一方世間では、ゲームから生還した生徒たちを、神の子とあがめており……。

作品情報

タイトル:神さまの言うとおり
製作年度:2014年
上映時間:118分
製作国:日本
ジャンル:ホラー、サスペンス
監督:三池崇史
脚本:八津弘幸
音楽:遠藤浩二

登場人物

サタケ(演:染谷将太)

瞬の同級生、クラスメート。見た目は普通の高校生だが、瞬に万引きの方法を教えるなど、悪い面も持っている。
第一のゲーム『ダルマ』では最後まで瞬と生き残り、ゲームクリア寸前までいくが…

天谷武(演:神木隆之介)

瞬の同級生。喧嘩が強く、メチャメチャな性格。
このデスゲームに楽しんで参加しており、他人を平気で殺すことができる。
瞬を自分と同じく「死を感じて初めて生を実感できる」人間として、共感をいだいている。

高畑瞬(演:福士蒼汰)

物語の主人公。平凡で退屈な毎日に嫌気がさしていた。
謎のデスゲームに参加してからは、鋭い洞察力で現状を客観的に判断し、ゲームクリアの方法を模索する。また、最後まで諦めない強さも持っている。

高瀬翔子(演:優希美青)

瞬といちかの中学時代の同級生。第3のゲーム『こけし』で瞬と共にゲームに参加する。
中学校の時に自殺を考えて屋上に行ったとき、瞬に声をかけられ自殺を思いとどまる。その時から瞬に好意を抱いていたが、中2の時に転校して離ればなれになる。

秋元いちか(演:山崎紘菜)

高畑瞬の幼馴染で同級生。瞬に想いを寄せるが、その気持を素直に伝えることが出来ない。
第一のゲーム『ダルマ』をクリアした後、瞬と合流し行動を共にする。


映画『鍵泥棒のメソッド』あらすじ、作品情報

あらすじ

水嶋香苗が新たに立てた計画は、目標の期日までに相手を見つけ結婚するというものだった。

法外な報酬で仕事を請け負う凄腕の殺し屋『コンドウ』こと山崎信一郎は、仕事を遂行した際に僅かな返り血を受け、手近な浴場へと車を走らせる。

計画性皆無の三文役者桜井武史は人生に行き詰まって自殺を図るが失敗

分厚い財布を持つ羽振りのいい山崎をチラ見する。

風呂場で山崎が足を滑らせ失神すると、桜井はそれに乗じてロッカーの鍵をすり替える。

山崎は意識不明で病院に搬送されるが、頭を打ったショックで記憶を無くしており、所持品から自分を『桜井武史』だと思い込んでいた。

桜井は山崎の車を乗り回し、思い付く事に財布の金を使い、山崎の家にまで上がり込む。

家を物色すると、偽造免許や拳銃など山崎の仕事道具が続々と出てくる。

退院の日、記憶喪失に困惑する山崎は香苗と出会う。

良心的な香苗はその日以降、山崎の世話を焼くようになる。

成り行きで『コンドウ』を演じる桜井は、報酬受け取りのため依頼人と会い、更なる依頼を受け負わされるのだった。

自分を売れない俳優だと思い込んでいる山崎は、真剣に芝居に取り組みだす。

桜井は依頼を受けて以降、標的となる人物に関する調査を積極的に行うようになるのだが、その行動は全く別の目的のために行われていたのだった。

香苗は山崎と接するにつれ、共通点の多さや真面目な性格、向上心や努力する人柄に触れ、遂には山崎に結婚を申し込む。

そんな日々の中、とうとう山崎に記憶の戻る時が訪れる。

 

登場人物

桜井武史:堺雅人

コンドウ / 山崎信一郎:香川照之

水嶋香苗:広末涼子

工藤純一:荒川良々

井上綾子:森口瑶子

水嶋翔子:小山田サユリ

水嶋京子:木野花

水嶋徳治:小野武彦

理香:内田慈

大家さん:大谷亮介

大谷編集長:三上市朗

土屋:林和義

藤本:ウダタカキ

映画監督:池田成志

助監督:久野雅弘

主演俳優:本宮泰風

主演女優:三村恭代

編集部員A:柊瑠美

副編集長:李千鶴

編集部員B:中谷竜

合コン候補者:ムロツヨシ

元劇団員A:堺沢隆史

元劇団員B:中村無何有

元劇団員C:黒田大輔

隣の住人 オタク:田中聡元

階下の住人 若い女:荒川結奈

合コンの男:中川晴樹

医者:日比大介

岩城社長:原金太郎

藤本の女:松山愛里

出版社の受付嬢:安野遥

映写担当の男:兒玉宣勝

救急隊員A:塚本直毅(ラブレターズ)

救急隊員B:溜口佑太朗(ラブレターズ)

警官A:鈴木祥二郎

警官B:廻飛呂男

レストランの店主:小林大介

悪役俳優:中道公壱

綾子の息子:安蒜太人

作品情報

タイトル:鍵泥棒のメソッド

製作年度:2012年

上映時間:128分

製作国:日本

ジャンル:コメディ

監督:内田けんじ

脚本:内田けんじ

音楽:田中ユウスケ


映画『クライマーズハイ』あらすじ、作品情報

あらすじ

1985年8月12日、北関東新聞社の遊軍記者で、社内の登山サークル「登ろう会」メンバーの悠木和雅は、販売部の安西耿一郎とともに、県内最大の難関である谷川岳衝立岩登攀へ向かう予定だった。

社会部記者の佐山から「ジャンボが消えた」との連絡

悠木は、粕谷編集局長から事故関連の紙面編集を担う日航全権デスク

同新聞社にとって、「大久保・連赤」以来となる大事件を抱えた悠木

登場人物

悠木和雅(遊軍・日航機事故担当全権デスク):堤真一

佐山達哉(社会部・県警キャップ):堺雅人

玉置千鶴子(地域報道班):尾野真千子

等々力庸平(社会部長):遠藤憲一

岸円治(政経部デスク):田口トモロヲ

田沢善吉(社会部デスク):堀部圭亮

山田厳(地方部デスク):金子和

吉井弁次郎(整理部):マギー

神沢周作(地域報道班):滝藤賢一

伊東康男(販売局長):皆川猿時

亀嶋正雄(整理部長):でんでん

守屋政志(政経部長):矢島健一

暮坂直樹(広告部長):樋渡真司

稲岡信也(投稿欄担当):山田明郷

森脇時彦(地域報道班):矢柴俊博

藤浪鼎(事故調査委員長):大鷹明良

黒田美波(元・社長秘書)野波麻帆

安西小百合(安西耿一郎の妻):西田尚美

粕谷隆明(編集局長):中村育二

追村穣(編集局次長):螢雪次朗

安西燐太郎(安西耿一郎の息子・成長後):小澤征悦

安西耿一郎(販売部):高嶋政宏

白河頼三(社長):山崎努

作品情報

タイトル

クライマーズ・ハイ

製作年度

2008年

上映時間

145分

製作国

日本

ジャンル

ドラマ

サスペンス

監督

原田眞人

原作

横山秀夫

脚本

加藤正人

成島出

原田眞人

音楽

村松崇継